草むしりは力仕事!?木の伐採・庭木の剪定と合わせて定期的に手入れ

草むしりや庭木の剪定などの手入れについて知ろう!

庭の手入れは秋が本番

草刈り

秋は紅葉のシーズンです。庭を綺麗な状態にするためには、手入れが欠かせません。秋に行なう草むしりや庭木の剪定、木の伐採などを見ていきましょう。

草むしり
春・夏にしっかり草むしりを行なっても、根が残っていれば秋頃に雑草が復活してしまいます。どこかから飛んできた種子が芽を出すことも考えられます。暖かい季節だけでなく、定期的に草むしりを行なうことはとても大事です。
庭の芝刈り
日本でポピュラーな高麗芝や暖地型芝草は、寒い時期に休眠します。見た目も枯れたようになるので、庭の美しさや清潔感を保つためには、しっかりと手入れを行なうことが大事です。10月中旬頃が年内では最後の芝刈り時期になるでしょう。芝生は少し長めに残し、青い内に施肥をしておくことで春先の発芽時期に綺麗な芝生になります。休眠期に入った芝生は踏まれた際のダメージを直すことができないため、目土を掛けてダメージを防ぐことが必要です。
庭木の剪定
夏頃に伸びすぎた枝を整える感じで剪定していきます。花木の場合は花芽を避けて不要な小枝を間引くと良いでしょう。通常、サクラやモミジ、ハナミズキやツバキなどの落葉樹は、葉が落ちてから剪定を行ないます。キンモクセイなどの秋の花は、花後に選定しましょう。花芽を誤って傷付けたり剪定してしまったりすると春に花が咲かなくなってしまうため、剪定するときは気を付けて行ないます。

草むしりや庭木の剪定・伐採など秋の手入れは、専門業者に依頼すると安心です。庭のバランスを見ながら、全て行なってくれます。庭の手入れを総合的にお願いするとことで、統一感が出て庭が広く感じられるようになるでしょう。デザイン性を大事にしている専門業者に依頼すると良いかも知れません。

台風被害を軽減するには対策が重要

近年は、全国的に台風や強風の被害を受けやすくなっています。大切な庭木や芝生を守るためには、しっかりと対策を行ないましょう。

庭の台風対策をすることで被害を防ぐことができます(40代/男性)

台風対策を考えて、庭木の剪定や伐採を行なっている業者に相談してみました。業者曰く、台風から樹木を守るためには、庭木の剪定が有効とのこと。葉が密集した部分を選定することで、強風を逃がすことができ、枝に掛かる負荷が軽減するそうです。なるほど!確かにと思い、早速庭木の剪定を依頼しました。案の定その年も台風が来ましたが、庭木に大きなダメージを受けることはありませんでした。業者に相談して良かったです。強風で庭木の枝が折れてしまった場合も、綺麗に剪定してもらえるみたいなので頼りになります。

専門業者では夏・秋が繁忙期に当たるので、直前に依頼しても間に合わないことがあります。早めに業者を見つけて相談し、庭木の台風対策や芝生の休眠前の手入れを行ないましょう。健康的で美しい状態の庭を維持するためには、専門知識とスキルを持った専門業者に草むしりや庭木の剪定などをお願いすると確実です。

TOPボタン