倒木の片付けは早めに~草むしりや庭木の伐採、剪定以外にも業者を頼る~

草むしりや庭木の剪定などの手入れについて知ろう!

台風が去った後に行なうこと

草むしりや庭木の剪定・伐採といった庭の手入れは、台風後もしっかりと行ないましょう。台風で受けた被害を把握することで、健やかな状態の庭に早く回復させられます。

被害状況を確認する

台風時は降水量も瞬間風速も高くなります。雨水を沢山吸った土壌は柔らかくなり、強風で倒木が起こりやすくなるのです。木が倒れたり枝が折れたりと色々な被害が起こるため、台風後はしっかりと状況を確認しましょう。

泥や塩分を含んだ雨を洗い流す

台風時の風には塩分や土埃が含まれています。窓ガラスが汚れることからも分かりますが、庭木の枝葉も同じく汚れています。枝や葉っぱに付着した汚れを綺麗に洗い流しましょう。そのままにしておくと庭木が枯れやすくなります。ダメージを受けている枝や葉っぱがあれば、しっかりと剪定しましょう。

避難させた植木鉢を元に戻す

物置きや室内に移動してあった植木鉢やプランターなどを元に戻します。ベランダでガーデニングをしている場合は、台風後も少し様子を見ましょう。風がまだ少し強ければ、ネットに引っ掛かって枝葉やネットを傷めてしまったり、土が溢れてしまったりする恐れがあるからです。

庭の掃除を行なう

庭もそうですが、特にベランダでガーデニングをしている場合は、枯れ葉やゴミを綺麗に片付けなければいけません。そのままにしていると、排水溝の詰まりにつながってしまうからです。

上述の作業は、草むしりや庭木の剪定・伐採を行なっている専門業者にお願いすることができます。忙しい人は利用すると良いかも知れません。信頼できる業者を選ぶと充実したサービスを受けられるので、業者を探す際はこだわりポイントを調べてみましょう。そうすれば、台風対策に掛かる費用も抑えられるでしょう。

台風の影響で庭木が折れてしまったら

広い庭だと植えている庭木も多いので、台風時に受ける被害も大きいでしょう。古木であれば、土壌が雨水で緩んだ際に強風で倒れやすくなります。倒れた木の後片付けは、専門業者に任せましょう。倒れた木の根が残っていると、白蟻が発生するなど二次被害も発生しやすくなります。細い低木であっても重量が結構あるため、専門業者にお願いした方が安全・安心です。新しく植林する際も、土の状態を見て適切に植えてくれます。